[競艇八百長 NEWS09]『わざと負け』元競艇選手に懲役4年追徴金3725万円を求刑

[競艇八百長 NEWS09]『わざと負け』元競艇選手に懲役4年追徴金3725万円を求刑

2020/09/02
ボートレースでわざと1着以外になるなどした見返りに、現金を受け取った罪に問われている元レーサーに、懲役4年を求刑です。

元ボートレーサーの西川昌希被告(30)は去年行われた20レースで、親戚の増川遵被告(53)の舟券にあわせ、わざと順位を操作して、見返りとして現金およそ3700万円を受けとった罪に問われています。

これまでの裁判で2人は、起訴内容を認めていました。

2日の裁判で検察側は西川被告について、「自ら犯行を持ちかけ不正に得た利益は、税務申告せずにギャンブルに使い果たした」などと指摘し、懲役4年と追徴金3725万円を求刑しました。

また、増川被告に対しては懲役3年と罰金1100万円を求刑しました。

一方、弁護側はそれぞれ執行猶予付きの判決を求めました。判決は10月21日です。

八百長カテゴリの最新記事